小さいiPhone、来年発売か

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が米国時間11月3日の投資家向けメモで、4インチ画面の「iPhone」が2016年に予定されている「iPhone 7」とともに登場する可能性があると述べている。そのスマートフォンの機能は、4インチ画面を搭載する最後のiPhoneとなった「iPhone 5s」と似たようなものになると報じられている。
Appleは2014年に、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の画面サイズを4.7インチと5.5インチにまで拡大した。それと同じサイズが、2015年の「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」にも継承されている。大画面搭載iPhoneの投入によって、消費者が他社製のスマートフォンを検討する理由は減った。
しかしKuo氏は、画面サイズの小さいiPhoneに対する需要はまだ存在し、その量産が2016年上半期に始まると考えられている。つまり、この新しいスマートフォンが2016年に、通常は9月に発表される次世代iPhoneシリーズの1つとして登場する可能性があるという。
同氏は、4センチiPhoneが低価格モデルになるとみている。ただしその筐体は「iPhone 5s」のようなプラスチック製ではなく、金属製になる見込みだという。同端末には現行のiPhone 6sやiPhone 6s Plusと同じ「A9」プロセッサが搭載されるが、A9もこれから1年後には1世代前の技術になる。
Kuo氏によると、この小画面iPhoneには、最新iPhoneに搭載されている感圧技術「3D Touch」は搭載されない可能性が高いという。
手ごろな価格で使いやすいサイズ、機能の新機種なら確かに需要がありそうだ。

半数以上の女性がコーヒー男子を支持?

今日、10月1日は「コーヒーの日」です。
これは、1983年に全日本コーヒー協会によって、定められ、2014年3月に開催された国際コーヒー機関理事会においても正式に「コーヒーの日」として認められました。
とある企業が2015年8月に20~30代の女性500人を対して行った調査によると、「女性が男性に飲んでもらいたい飲み物」としてトップに挙げられたのは、なんとブラックコーヒーでした。
「苦いコーヒーを何のためらいもなく飲んでいる姿がかっこいいと思う」という声、「男らしい潔さがある」など、男性がブラックコーヒーを飲む姿に胸を高鳴らせる女性が多いとのこと。
みなさんの周りにも、コーヒーを日常的に飲んでいる男性も多いのではないでしょうか。
コーヒー男子、あなたはどう思いますか?

マイクラ、教育的効果でも注目

小学生の間で”マイクラ”の愛称で親しまれているゲーム「マインクラフト」の人気が拡大しているらしい。夏休みには全国で多くの小学生が参加してマインクラフトを楽しむイベントが開催され、いずれも盛況だったとのこと。なぜ子供たちにこんなにも人気なのだろうか。
マインクラフトは2009年にスウェーデンのベンチャー企業Mojang ABが開発したゲームで、”サンドボックスゲーム(砂場のように自由に遊べるゲーム)”というジャンルで知られている。
一般的なアドベンチャーゲームやロールプレイングゲームは決められたストーリーに沿ってゲームを進め、ボスキャラを倒してステージをクリアしたりストーリーのエンディングを目指すというゴールがあるが、マインクラフトにはこうしたゴールが存在しない。ユーザーはゲームの世界の中で自由に建物を建てたり農作物を育てたりと言ったモノづくりを楽しんだり、夜や洞窟、廃墟や遺跡に出現するモンスターをユーザーが作った武器を使い倒してアイテムを手に入れるという冒険を楽しんだりするゲーム要素を、ユーザーの判断で自由に楽しむことができるのが大きな特徴だ。
何もないところにユーザーの創意工夫で自分だけの世界を作り出していく。それがこの”サンドボックスゲーム”と言われる所以だ。
マインクラフトは、リリース後から世界各国で展開され、パソコン版の登録ユーザー数は1億人を突破しているとのこと。この人気が他のゲームの人気と大きく異なる点は、それは大人だけでなく小学生を中心とする子供たちの間で人気が拡大している点、そしてその人気の教育関係者が注目しているという点だ。これは、このゲームの特徴である”自由にモノ作りを楽しめる空間”であることが大きなポイントとなっている。
マインクラフトはこの世界でどうやってモノを動かせば建物やアイテムが作り出せるのかを理解し、頭の中で想像した自分だけの”作りたいもの”や”理想の世界”を試行錯誤しながら生み出し、友達と話し合いながらこの世界での楽しみ方を作り出していくという創意工夫によって生み出されるゲームであり、こうした理解力や想像力、仲間との協調性をはぐくむことができる点が、教育的な観点からも有効だと考えられている。
マインクラフトに対しては保護者も好意的な意見を持っているようだ。子供は遊びながら夢中になって想像力を働かせ、モノを作り出そうと試行錯誤する。そして、完成したモノは誰かに見せたいし、誰かにやり遂げたことをほめてほしいと考える。子供が作った世界観に興味を持って話を聞いたり、作り上げた建物をほめたり、時には一緒になって考えたりという親子のコミュニケーションが子どものモチベーションやさらなる想像力を生み出すきかっけになるのではないだろうか。ただ、ゲームだけではなく実物に触れてみることも大切だ。ゲームはあくまできっかけとして、何かモノを作ることに子供たちが興味を持ってくれたらと思う。

SPEED今井絵理子と島袋寛子が新ユニット

人気女性グループのSPEED今井絵理子と島袋寛子が新ユニット「ERIHIRO」を結成することを発表した。
また、この新ユニットの「ERIHIRO」で、8月26日にデビューシングルとなる「Stars」を発売するという。
2人はかつてから、テレビ番組で共演する中であり、「2人で30代の音楽をやりたい」と発案していた。
完成した楽曲は最先端のEDMに、絶妙なそしてどこか懐かしい2人のハーモニーが重なり、「大人版SPEED」といえる仕上がりになっている。
HIROは今後、「ライブがしたい」と継続的な活動をファンに約束した。
ERIとHIRO、懐かしの2人のハイトーンボイスが、大人仕様になってよみがえる。
今後の大人な二人の活動がとても楽しみだ。

ネットでガチャを回して実物が届く?

玩具メーカーのバンダイは15日、東京都内で新作発表会を開き、自宅に居ながらインターネットでカプセルトイを楽しめる「ネットdeカプセル」を7月から、インターネットゲーム会社の「ネッチ」と共に開始することを明らかにした。インターネットで取り扱うカプセルトイは今回が初めてとなる。
「ネットdeカプセル」は、ネッチが所有する倉庫に約40台のガシャポンを設置し、ユーザーがパソコンやスマートフォンを利用して実際に状況を見ながら遠隔操作でカプセルトイを購入できるというもの。商品のバリエーションは約30種類取り扱う予定とのこと。大人向けの人気商品の「ねこCafeシリーズ」や「SDガンダム ガシャポン戦士NEXT」、「美少女戦士セーラームーン」などを販売。価格は200~600円。
今回ネット参入した背景について、同社ベンダー事業部の亀井さんは「最近ガシャポンを利用する大人のユーザーが増えている傾向にあり、”忙しくて売り場に行けない”、”欲しい商品をすぐに探せない”という声も多く挙がっているため、そこに向けてしっかりと供給していきたい」と話しているそうだ。また、ネッチとの協業について「すでに遠隔で遊べるクレーンゲームを展開しており、今回弊社の商品ともコラボすることができたらと思い実現に至った」と経緯を語った。
カプセルトイは1965年に米国から輸入され、小型自動販売機の中に複数のおもちゃ入りのカプセルが入っており、子どもを中心に人気を集めてきた。各メーカーがバリエーション豊かなおもちゃを封入し、最近では大人をターゲットにしたカプセルトイも販売されている。
確かにカプセルトイの実機が置いてある店舗に出向く時間がない時や、人目を気にせずガチャを回したい大人にとっては良いサービスかも知れない。届くまでは中身は分からないのかもしれないが、それもまた楽しみのひとつと思えば楽しめるのだろう。

アウトドアウェディング

「アウトドアウエディング」とはその名の通り外でおこなう結婚式のことをいいます。
海外ではよく見かける光景ですが、日本でも少しずつサービスが始まっているようです。
近年、「結婚式のあり方」を自分たちで選べる、自由な時代になってきました。今少しづつ人気に火がついているアウトドアウェディングについてこちらでご紹介します。
高尾山の広場で結婚式をするカップルや、都内の公園で挙式を挙げるカップル。沖縄のビーチでの結婚式など、多種多様です。
海外のアウトサイドウェディングを参考に可愛くデコレーションをしたり、ナイトタイムでしたら、照明をうまく使うとロマンチックな演出にすることができます。
犬好きな人は、愛犬と一緒にウェディングを挙げるのもアリです。
自分たちらしく、さまざまなウェディングスタイルがあるアウトドアウェディング。
あなたのウェディングの参考にしてみてはいかがでしょうか。

Ingressが日本語対応

最近話題のGoogleが開発したスマホゲーム「Ingress」の日本語化が行われたそうだ。Ingressは現実世界を舞台としたオンラインでの陣取りゲーム。参加者は緑と青の2つの陣営に分かれ、実際に現実の地図を見ながら移動し、各地の拠点を奪い合い、陣地を形成することで全世界レベルで競い合うという内容だ。日本市場では世界で第2位のダウンロード数を維持しているほか、最近ではローソンなどの企業が協力したり、自治体が地域活性化に採用したりと、ゲーム内にとどまらない動きを見せている。
現在プレイしている人も、Android/iOS版アプリを最新版となる「Ingress version 1.73」にアップデートすることで日本語化されたインターフェイスが利用できる。スキャナからのメッセージ、メニュー、アイテムの説明文などが日本語化されているとのこと。エージェントの活動ログ、COMMの表示、音声メッセージなどは未対応だそうだ。日本語対応によってアイテムなどは分かりやすくなったが、独特のサイバー風味がなくなったと感じる場合は、アップデート後も設定を変えることで英語表現に戻すことが可能だという。今回のアップデートを機に、日本でもIngressを始める人がさらに増えるかもしれない。

セルカレンズ

ここ最近、若い女性たちを中心に広まってきている「セルカスティック」。
セルカスティックとは、iPhoneなどのスマートフォンに取り付け、棒を伸ばし楽々に自撮り(セルフィー)ができるアイテムのこと。そんなセルカスティックが流行る中、流行に敏感の韓国から次なる自撮りアイテムが話題を呼びそうになっている。その名も「セルカレンズ」iPhoneなどスマートフォンのカメラのレンズに取り付けるアイテム。
レンズをただ装着するだけで、手を伸ばしで自撮りをしているのにも関わらず、セルカレンズを使わないときに比べ、見違えるほど広い面積を撮影することが出来る。このセルカレンズ、販売予定など未定になっているが、セルカスティックよりも人気がでそうだ。

Apple Watch

2014年9月のイベントで華々しく披露されたAppleのスマートウォッチ「Apple Watch」だが、それから4か月を経た今まで実際に動いている様子は一切公開されていない。iPadや5KiMacなどが発売された10月のイベントでもAppleWatchへの言及はあったが新たな情報はなかったようだ。発売時期については、Appleに関する情報をいち早く取り上げるアメリカのブログメディアによると、中国の旧正月である2月19日よりも後になりそうだと2014年末の時点で判明していたが、最近の噂では発売は3月になるとの見方が出てきている。
9月のイベントの時点では、毎日充電する必要があると言われていたApple Watchのバッテリー駆動時間だが、最近のうわさでは画面を非表示にしておけば2~3日は持つという噂もあるそうだ。Apple Watchにはスマートウォッチの基本的な機能の他に、コミュニケーション機能、ヘルスケア&フィットネス機能があるようだ。まだまだ全貌が明らかにならないApple Watchだが、新たな情報の公開が楽しみだ。

アナログ計算機70年ぶりに

日本国内で唯一、一つだけ現存する「アナログ計算機」が作られてかラ70年ぶりに動かせるようになった。この計算機は別名「微分解析機」と呼ばれている。複雑に合わさった、円盤やギアがロケットの軌道や音の伝わり方などを自動的に計算し、解党を示したグラフを紙に印刷するという。70年前にすでにこの技術があったとは驚きだ。ちなみに大きさは横幅2.4メートルで長さは2.9メートルととても大きい。この「微分解析機」は、1930年にアメリカで開発されて、日本では3台作られたという記録が残っている。現存の解析機は43年に作られて、90年代から東京理科大学が動かない状態のまま公開してきた。また、2009年には情報処理学会の技術遺産に認定されている。