都会に「昆虫ホテル」

ノルウェーの首都オスロにあるオーラ・ナル公園に、昆虫のための宿泊施設、「インセクトホテル」が誕生したそうだ。都市開発に伴い、コンクリートやアスファルトが増える一方で、昆虫が卵を産み付ける場所となる枯れた木材や廃材などが減少。動物や昆虫の生息地が減少する中、オスロ市が初の「昆虫のためのホテル建設」に着手することとなったという。廃材を利用した昆虫のための棲み処は欧州の鉱塩で増加しつつあるそうだが、北国ノルウェーではまだ広く浸透していないという。
5月22日は国際生物多様性の日であり、その一環として、オスロ県は今年は昆虫ホテルの建設に取り組むことになったそうだ。緑あふれる公園でホテルはオープンされた。のこぎりなどで木材を切り、工事に携わった建設者は市内の高校生たちだという。
極寒のオスロの冬を乗り越えられる昆虫は少ないという。春にできるだけ多くの卵を産み付けられるように、都会の中心地に昆虫ホテルを建設することは、生態系を守ることにつながるという。初めての県営昆虫ホテルということもあり、どのような種類の昆虫が引っ越してくるかはまだ分からないそうだ。
昆虫のためのホテルという発想がユニークだが、生態系を守るためには必要なアイデアなのだろう。どんな昆虫が”宿泊”しにくるのか楽しみだ。