川を渡った難民1500人押し戻す

マケドニア軍報道官は15日、ギリシャから国境の川を渡って14日にマケドニア侵入を図った難民約1500人をギリシャ側に押し戻したことを明らかにした。難民と一緒に行動し、マケドニア警察に拘束された記者や活動家ら80人もギリシャに戻されたという。
川を渡ると、待ちかまえていたマケドニア軍に難民らは地面に座らされ、まず記者らがギリシャに追い返されたそうだ。軍報道官は「衝突も実力行使もなかった」と述べたという。
しかし、ギリシャに戻った難民には殴られたとみられる傷を負った者もいたそうだ。難民の一人は「ギリシャ国境のフェンスをわざわざ切断し、そこから追い返された」とギリシャのメディアに訴えたという。
ギリシャ政府筋は「マケドニア政府から正式な要請はなく、正規の国境検問所を通じた送還も一切ない」と強い不満を示しているとのこと。
難民を受け入れることが難しいのだろうが、少し乱暴な対応のようにも感じる。