笑い止まらぬKDDI好決算の先行き

通信大手のKDDI <9433> は10月28日、都内で会見を開き、2013年度上半期(4~9月期)決算を発表した。売上高は前年同期比18.0%増の2兆0537億円、営業利益も同50%増の3476億円で、いずれも大幅な伸びを示した。特に売上高は、上半期では初の2兆円超えとなった。 上半期は主力事業が軒並み好調だった。従来型の携帯電話からスマートフォンへの買い替えが進んだことや、より高単価なLTE契約の増加によって、モバイルの通信料収入は前年同期より443億円増加。スマホとのセット割引「スマートバリュー」を軸に契約数が伸び、固定回線の通信料収入も188億円増えた。さらに、今年4月から連結子会社化したケーブルテレビ大手、ジュピターテレコム(以下、J:COM)の売上高1740億円も上乗せされた。

 

KDDIが好調なようだ。

携帯からスマホに移行していることが影響しているそうだ。

スマホに買い替えることにより、LTEの契約もする。

それによりこれまでより単価が上がる。

サービス自体も便利なものだし、設備投資などもしているからやむを得ない部分はあるとはいえ、どんどん単価が上がっていくのはいかがなものなのだろう。

大差ないだろうと思ってスマホに切り替えたはいいが、以前よりかなり料金が高くなったような気がする。

確認してみた方がいいかな・・・。