22日のアップルイベントで予想されること

アップルは毎年、年末商戦前に開く製品イベントを22日にサンフランシスコのイエルバブエナ・センターで行う。
例年秋に開かれるこのイベントで同社は、音楽プレーヤーのiPod(アイポッド)やパソコンの更新情報を提供してきたが、昨年は多機能端末のiPad(アイパッド)やiPad Mini(アイパッドミニ)を仲間に加えた。
ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は米東部夏時間午後1時(日本時間23日午前2時)に始まるイベントの模様と分析をリアルタイムで報じる予定だ。アップルはイベントの内容を明らかにしていないが、予想できることを以下に書き出してみよう。
▽可能性が高いこと
アイパッド
9.7インチ画面を搭載した標準のアイパッドの新型が発表されるのはほぼ間違いない。現行のアイパッドが発表されてから1年が経過しているだけでなく、WSJは、新型アイパッドがこの時期を前後に量産に入る可能性があると先日報じている。部品のサプライヤーの情報によると、アップルはさらに軽量で薄いアイパッドの開発に取り組んでいる。新型では既存モデルのガラスの代わりに薄型フィルムが使用される。
アイパッドミニ
最大のニュースはアイパッドミニの更新だろう。アイパッドミニは同社のポストパソコン時代の戦略の中核をなすデバイスだ。予想される変更の1つは、高精細の「レティナ」ディスプレーの採用だ。標準のアイパッドやiPhone(アイフォーン)に使われているのと同様のものだ。このディスプレーは韓国サムスン電子が製造するだろう。
Mac Pro(マックプロ)
イベントでモバイル端末だけを扱うわけではなかろう。アップルは6月、デスクトップ型のパワーコンピューターの新デザインが円筒型になることを明らかにし、多くの人々が感嘆の声を上げた。よくある箱型の一枚岩のように見えるデザインを避け、円形にしてサイズを約4分の1に縮小した。アップルは以前にこのデバイスが秋に発売されると述べている。
OS X「マーベリックス」
アップルは、パソコン向け基本ソフト(OS)の次世代版、通称「マーベリックス」のリリース日時を公表するとみられる。OS X(OSテン)は最近それほど注目を集めていないが、アイフォーンやアイパッドに搭載されているOS「iOS」の基盤となるだけに、依然として同社にとって重要だ。マーベリックスにiOS7ほど劇的な変化はないとみられるが、マックユーザーはパスワードを管理するiCloud(アイクラウド)キーチェーンといった新機能を利用できるようになろう。
アップルの事業健全性の診断
世間では、1カ月前に発売されたばかりのアイフォーン5sと5cの好調な売り上げに関する疑問が渦巻いている。最大の疑問は、5cが5sと比較してどれほど健闘しているのかだ。アップルはこのイベントで、そのデータに若干の光を当てる可能性がある。
▽あまり確実でないこと
アイポッド
アップルのアイポッド事業は昨年、「ナノ」の形状と機能に大幅な変更を加え、「タッチ」の外観を更新したことで大きく前進した。同社はこれまでアイポッドをそれほど高い頻度で更新していない。このため、今年はこの点について何も発表しない可能性がある。
アップルTV
アップルがセットトップボックスの「アップルTV」の更新を準備しているといううわさは多く聞かれる。当初、9月10日のアイフォーンのイベントで発表されるとのうわさがあったが、今回のイベントに移ってきた形だ。アップルはアップルTV向けソフトウエアを更新し、ストリーミングサービスのiTunes Radioといった新機能がサポートされるようになったが、これ以上が早急に行われることを示唆するものはない。
「One More Thing(もう1つ)」
2011年に死去したアップル共同創設者のスティーブ・ジョブズ氏は、驚きの新製品を発表する前によくこのフレーズを口にしていた。アップルのサプライズは近年減っているものの、だからといって期待すべきでないというわけではない。
▽期待できないこと
スマートウォッチないしテレビ受像器
WSJは、アップルがさまざまな新製品の開発に取り組んでいると報じている。スマートウォッチやテレビ受像器などだ。同社がアイフォーンを最初に披露したのは発売の半年前だったし、アイパッドを最初に披露したのは公式発売の数カ月前だった。もしアップルがサプライズを望むのであれば、22日にスマートウォッチかテレビを発表すれば、期待通りの結果になるだろう。

 

タイトルは「予想されること」になってるけど、すでに概ねの答えが出てしまっているように思いますけど、どうなんでしょう。

ここまで具体的に予想しているし、時期的にも出るのが妥当な商品ばかりなんでしょうしね。

先日のiphone5Sの時と同じで、特にサプライズがあるわけではないんでしょうね。

まぁ毎回毎回、斬新な商品を発表して、サプライズを与えるなんてね。

出来ない方が普通かと。

ただ、アップですからね。

それを続けなくてはいけない宿命は負ってるかも。

まぁ、何が出るか楽しみにしましょう。