雲海に浮かぶ「天空の城」“異常人気”…竹田城跡、来場者24倍に

雲海に浮かび上がる「天空の城」として人気のある兵庫県朝来市和田山町の国史跡「竹田城跡」で、市は10月1日から観覧料300円(高校生以上)の徴収を 始めた。幻想的な風景を目当てに観光客が急増しており、警備費や史跡の維持費に充てるためだ。10年前までは“無名の山城”だったが、近年、雲海の写真や 映像が各種メディアで紹介され、高倉健さん主演の映画の舞台にもなったことから人気が沸騰、昨年度は約24万人が訪れた。来年のNHK大河ドラマ「軍師官 兵衛」のロケも行われ、さらに加熱しそうなブームの背景を探った。

◆300円徴収も大半は満足
1日午前3時から始まった観覧料の徴収。記者はそれに先立つ同1時半ごろ、竹田城跡の中腹駐車場に着いた。竹田城跡は兵庫県中部に位置し、近くにはJR 播但線の竹田駅、姫路市につながる「播但自動車道」と大阪方面を結ぶ「豊岡自動車」が合流する和田山インターチェンジがある。
未明のこんな時間ながら、間もなく1台の車が駐車場に入り、2人の男性が降りてきた。2人は鳥取県米子市の30代の会社員で、大阪への出張の帰りに立ち 寄ったという。「雲海を撮影するため、市のホームページを見て早く来ました。いい撮影場所を確保したいので」といい、カメラや三脚を担いで約700メート ル先の城跡に向かった。300円の観覧料については「史跡の維持に使われるのならいいこと」と話した。
午前3時。徴収が始まったが、新聞3社とテレビ2社の記者が待機するだけ。雲海は9月から11月ごろにかけての早朝に見られるが、この日は気温がやや高めで「雲海の発生はまずない」(地元住民)とのことだった。
その後は少しずつ来訪者が増え、初日は約850人が訪れ、対象者の約800人が観覧料を支払った。福井県敦賀市から来た岩本浩さん(51)は「竹田城跡 は石垣がすばらしい。観覧料で足場がよくなればいい」といい、感想を聞いた来訪者の大半は「300円は妥当と思う」と理解を示した。

◆人気の火付け役は?
竹田城跡は、播磨・丹波・但馬の交通上の要衝でもある古城山(354メートル)の頂上に築かれた南北約400メートル、東西約100メートルの山城。戦国時代の守護大名、山名宗全が築き、関ヶ原の役(1600年)後、廃城となった。
石垣は安土城や姫路城と同じ「穴太(あのう)積み」の技法で、全国屈指の山城として以前から城郭マニアには人気があった。また、春の桜や夏の青空、秋の雲海、冬の雪景色と四季折々に竹田城跡は絶好の被写体として、地元のアマチュアカメラマンらに親しまれていた。
それでも年間の来訪者は1万人余りだった。平成2年に映画「天と地と」で竹田城跡に櫓や天守が建てられ、城下町の竹田地区は映画ブームで観光客らでにぎわったが、ブームが去ると閑散とした。
では、近年のブームはどうやって起きたのか。
朝来市の調べによると、竹田城跡の来訪者は平成17年度=1万2千人▽18年度=2万人▽19年度=同▽20年度=2万3千人▽21年度=3万5千人▽22年度=5万2千人▽23年度=9万8602人▽24年度=23万7638人。
これを見ると、18年ごろからじわりじわりと来訪者が増え、昨年度は飛躍的に増えていることがわかる。
24年4月に新設された同市竹田城課によると、18年に財団法人・日本城郭協会が選定する「日本100名城」に選ばれたことが大きいという。兵庫県内からは姫路城、篠山城、明石城、赤穂城が選ばれている。
19年からは同協会の100名城をめぐるスタンプラリーが始まり、竹田城跡にお城マニアや歴史ファンらが訪れるようになった。その中に歴史好きの若い女 の子(歴女)の姿もあったという。「これまで竹田城跡を知っていた人たちが、実際に訪れるようになりました」と同課職員。竹田城跡はふもとからでも約30 分で登ることができる手軽さも魅力だという。
さらに地元マスコミが毎年、雲海の時期に「雲海に浮かぶ竹田城跡」を紙面や映像で紹介している。その影響もあるが、最近のブームの火付け役は24年10 月に放映されたテレビ番組「ナニコレ珍百景」だ。後世に残したい景色の1つとして「雲海に浮かぶ天空の城・竹田城跡」が紹介され、「天空の城」が一躍全国 区になった。
さらに、高倉健さん主演の映画「あなたへ」(24年8月公開)のロケ地になったことも人気に拍車をかけた。最近では「映画を見て来ました」という来訪者も多い。

◆ブームはいつまで?
同市の多次勝昭市長は「(竹田城跡の)ブームを一過性に終わらせたくない」と話す。市議会も「竹田城跡については、雲海に浮かぶ天空の城といったビジュ アル面でアピールできたことが人気沸騰の一因と思われるが、今後も現状のまま推移するとは限らない」と将来について危惧している。
それは来訪者の急増に、市側の受け入れ態勢が追いついていないという現状がある。竹田城跡周辺の駐車場や飲食店の不足。宿泊施設も十分とはいえない。年間20万人以上が城跡に登ることになり、城跡の景観保全や来訪者の安全対策も課題だ。
今年6月、石垣の一部にずれが見つかった。来訪者が踏み固めた地盤で、雨水が石垣の隙間などに流れ込み、石積みがゆるんでずれが生じたらしい。「耐震補強はしていないので、大きな地震でも起きると石垣が崩れる可能性がある」という指摘もある。
今のところ、竹田城跡は映画やテレビ番組に何度も登場し、ネットでも動画投稿は多い。最近では来年のNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」のロケ地にもなり、マスコミにもニュースとして取り上げられる機会が多く、ブームは継続中だ。
また、11月9、10の両日、同市和田山町で「第20回全国山城サミット朝来大会」が開かれる予定で、竹田城跡の魅力を全国に発信する絶好の機会が訪れ る。「天空の城」ブームを一過性に終わらせないためにも来訪者が満足し、リピーターにつながるような行政や民間の取り組みが必要といえる。

 

この「天空の城」、私も数年前まで知りませんでした。

なぜこの城が無名であったのか、甚だ疑問である。

もっと早く紹介していれば、もっと多くの人が足を運ぶことができたのに。

ちなみに城がある和田山町だが、10年ちょっと前になるが実は行ったことがある。

京都から福知山線で天橋立に向かう特急に乗っていった。

駅を降りると、まぁそれはもう閑散とした街で、人が歩いていない。

家が建っていない訳ではない。

駅の近くには役所もあった。

でも、人は歩いていない。

寂しい所だった覚えがある。

基本平らなんだけど、ところどころに小山があり、何とも不思議に思った覚えもある。

でも、そんな和田山町に「天空の城」があったなんて。

知っていれば行ったのに。

本当に残念です。