暴力団融資、みずほ銀頭取も把握 これまでの説明と一変

みずほ銀行が暴力団組員らへの融資を放置していた問題で、みずほ銀の佐藤康博頭取は8日、記者会見し、問題の取引を佐藤頭取自身や当時の西堀利頭取(すで に退任)も把握していたことを明らかにし、陳謝した。これまでは担当役員で情報を止め「頭取ら経営トップには報告していなかった」と説明していた。
みずほ銀行の佐藤康博頭取は、暴力団組員らへの融資を放置した問題の責任を取って、政府の産業競争力会議の民間議員をはじめとする公職を辞職することを明らかにした。

 

なんともタイムリーな話題ですよね。

半沢直樹が悪事を暴いたわけではないですが、メガバンクでの出来事というだけで、とってもタイムリーに感てしまい。

しかし、頭取まで知っていたとは驚きですね。

警察に通報すればいいとか、簡単に解決できることではないんでしょうけど、浅はかすぎませんか?

当然ばれないだろうと思ってしてるんでしょうけど、結局ばれてしまう。

なんともね。

ばれないケースの方が多いのかな?

いわゆる「氷山の一角」というやつですかね。

どうやって決着するのか楽しみですね。

タイムリーな話題ですから、いつもより注目されてますよ。