ハリウッド、増える女性主人公

実はいま、ハリウッド映画に“女性の波”が押し寄せている。昨年末に公開された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」も主人公が女性になり、ファンを驚かせた。
8月19日に日本で公開になる、こちらも32年ぶりのリメイク「ゴーストバスターズ」。
こちらも、幽霊退治に駆け回る4人がすべて女性に変わりました。
アメリカでは一部、「なぜ全員女性にする必要があるのか?」と批判の声も出ているが、4人はいずれも現在活躍中のコメディアンで、試写では笑いの連続だったといいます。
アメリカで記録的ヒットとなっている、「ファインディング・ニモ」の13年ぶりの続編の「ファインディング・ドリー」も、主人公がカクレクマノミのニモから、ナンヨウハギのドリーにバトンタッチした。
洋画関係者によると、ハリウッド作品における「女性の波」は、「ヒラリー・クリントン氏が米大統領選で、ポストオバマ大統領の本命と言われ始めたころから顕著になった」と話します。
しかし、その「女性の波」はアメリカだけではない。
国民投票でEU離脱が決まったイギリスも、キャメロン首相の後任にメイ内相の就任が決定しています。
26年ぶりに女性首相が誕生することになります。

トラック35メートル転落

奈良県の国道でトラックの転落事故が起き、1人が亡くなった。
事故が起きたのは7月3日午前3時。現場は奈良市米谷町の名阪国道下り線だった。
事故にあったトラック2台のうち1台は高架橋上から約35メートル下の山林に転落した。この際炎上し、後にドライバーと見られる遺体が運転席から発見されている。橋上に残ったトラックも全焼したが、こちらのドライバーは脱出できたため軽傷で済んだとのこと。
奈良県警高速隊は、遺体は神戸市の運輸会社の57歳の男性ドライバーとみて確認を進めている。
生き残ったドライバーに話を聞くも、「よく覚えていない」とのこと。高速隊はトラックの損傷から見るに、橋上のトラックが追突された可能性が高いとみて調査を進めている。現場は片側2車線の直線で、見通しはいいという。
事故によって一時期一部区間が通行止めとなっていたが、現在は解消されている。