手配写真不満で自撮り送る

米オハイオ州で警察に指名手配された容疑者の男が、インターネットに掲載された手配写真が気に入らず、自分で撮った写真を警察に送りつけて差し替えを求める出来事があったそうだ。その後、この容疑者はフロリダ州で逮捕されたとのこと。
ドナルド・ピュー容疑者は飲酒運転で摘発され、裁判所に出頭しなかったことから同州リマの警察に指名手配されたそうだ。警察は同容疑者が器物損壊や放火などの事件に関与した疑いもあるとみており、フェイスブックに同容疑者の顔写真を掲載して一般からの情報提供を呼びかけた。
ところがピュー容疑者はその写真が気に入らなかったそうだ。そこで自撮り写真に「こっちの写真の方がいい。あれはひどい」という一文を添えて送りつけてきたという。
警察は最初の指名手配写真と並べてこの自撮り写真をフェイスブックに掲載。「この写真はピュー氏本人から送られてきた。同氏の協力に感謝する。ただ、リマ警察に来て事件について話をしてくれればもっと助かるのだが」とコメント。
写真は6日に掲載されて以来、2000の「いいね」を獲得し、1500回あまり共有され、400を超すコメントが寄せられたそうだ。最初に公開された写真は1月に逮捕された時のもので、ピュー容疑者は笑顔を見せているという。その理由について同容疑者は地元ラジオ局の取材に対し、「見苦しい顔写真は撮らせたくなかったから」と語っていたそうだ。
フロリダ州エスカンビア郡の保安事務所は12日、ピュー容疑者を逮捕したとの情報をフェイスブック上に公開した。リマ郡の警察からは保安官事務所に対し、謝辞が送られたそうだ。
指名手配写真に文句をつけて自撮り写真を送ってくるとは…それで逮捕が早まったのではないかと思うとまぬけとしか言いようがないだろう。