Ingressが日本語対応

最近話題のGoogleが開発したスマホゲーム「Ingress」の日本語化が行われたそうだ。Ingressは現実世界を舞台としたオンラインでの陣取りゲーム。参加者は緑と青の2つの陣営に分かれ、実際に現実の地図を見ながら移動し、各地の拠点を奪い合い、陣地を形成することで全世界レベルで競い合うという内容だ。日本市場では世界で第2位のダウンロード数を維持しているほか、最近ではローソンなどの企業が協力したり、自治体が地域活性化に採用したりと、ゲーム内にとどまらない動きを見せている。
現在プレイしている人も、Android/iOS版アプリを最新版となる「Ingress version 1.73」にアップデートすることで日本語化されたインターフェイスが利用できる。スキャナからのメッセージ、メニュー、アイテムの説明文などが日本語化されているとのこと。エージェントの活動ログ、COMMの表示、音声メッセージなどは未対応だそうだ。日本語対応によってアイテムなどは分かりやすくなったが、独特のサイバー風味がなくなったと感じる場合は、アップデート後も設定を変えることで英語表現に戻すことが可能だという。今回のアップデートを機に、日本でもIngressを始める人がさらに増えるかもしれない。

セルカレンズ

ここ最近、若い女性たちを中心に広まってきている「セルカスティック」。
セルカスティックとは、iPhoneなどのスマートフォンに取り付け、棒を伸ばし楽々に自撮り(セルフィー)ができるアイテムのこと。そんなセルカスティックが流行る中、流行に敏感の韓国から次なる自撮りアイテムが話題を呼びそうになっている。その名も「セルカレンズ」iPhoneなどスマートフォンのカメラのレンズに取り付けるアイテム。
レンズをただ装着するだけで、手を伸ばしで自撮りをしているのにも関わらず、セルカレンズを使わないときに比べ、見違えるほど広い面積を撮影することが出来る。このセルカレンズ、販売予定など未定になっているが、セルカスティックよりも人気がでそうだ。