アナログ計算機70年ぶりに

日本国内で唯一、一つだけ現存する「アナログ計算機」が作られてかラ70年ぶりに動かせるようになった。この計算機は別名「微分解析機」と呼ばれている。複雑に合わさった、円盤やギアがロケットの軌道や音の伝わり方などを自動的に計算し、解党を示したグラフを紙に印刷するという。70年前にすでにこの技術があったとは驚きだ。ちなみに大きさは横幅2.4メートルで長さは2.9メートルととても大きい。この「微分解析機」は、1930年にアメリカで開発されて、日本では3台作られたという記録が残っている。現存の解析機は43年に作られて、90年代から東京理科大学が動かない状態のまま公開してきた。また、2009年には情報処理学会の技術遺産に認定されている。