インフルまん延、面会制限相次ぐ

インフルエンザが流行の兆しを見せる中、病院内での感染拡大を防ぐため、入院患者への面会を制限する病院が相次いでいる。入院患者らの集団感染が発生した愛知医科大病院(愛知県長久手市)は、見舞いで来院した人に発熱などの症状がある場合、面会を原則禁止。外来患者に対してもマスクの着用や手洗いといった、まん延防止策への協力を呼び掛けている。

 

こういった集団院内感染は、毎年ありますよね。

病院としても防ぎきれないでしょうし、やむを得ないのでしょう。

でも、病院に悪気はないとしてもそういったことがあると、その病院には行きづらくなってしまいますからね。

少し前に結核が院内感染で発生しているなんて報道されてましたけど、病院としても難しい問題ですよね。

できるだけそのようなことがないように努力していただきたいですね。

こんなことがあったからという訳ではないですが、転職したいと考えている看護師の方がいたら看護師 好条件を参考に転職先を探してはいかがでしょうか。