ケネディ米大使、知事と初会談

ケネディ駐日米大使は29日、沖縄県の仲井真弘多知事と東京都内の大使公邸で約30分間会談した。ケネディ氏が同知事と会うのは着任後初めて。仲井真氏は米軍基地が集中する沖縄の現状を説明し、「沖縄は過重な負担を負っている。時機をみて沖縄を訪問し、県民の声を聞いてほしい」と招請。ケネディ氏は「沖縄に行き、県民の声を聞きたい」と応じ、沖縄入りに意欲を示した。

 

県民の声を聴いてほしいか。

どんな県民が出てくるのかな?

市民団体の人たちなんじゃないの?

普段から米軍の軍人たちにヘイトスピーチしている市民団体の人たち。

プロ市民ていうのかな?

そんな人たちの意見聞いてどうすの?

そもそも、その人たちの意見は県民の総意なの?

本当にそうなの?

そろそろしっかり前を向いて考えた方がいいんじゃないですかね。

沖縄県知事は。

薬ネット販売規制、閣議決定へ

政府は12日、一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売を一部規制する薬事法改正案を閣議決定する方針を決めた。市販薬の99.8%のネット販売を認める一方、処方薬から切り替わって3年以内の市販薬は対面販売に限定。処方薬も対面に限ることが明記された。今国会中に成立する見通し。
市販薬は副作用のリスクに応じて1~3類に分けられる。法案は、特にリスクの高い第1類をネットで買う場合、購入者が副作用歴や妊娠の有無などを業者へメールなどで送信することを義務付けた。薬剤師が返信し、さらに購入者から内容を理解したと返信があれば販売できる。業者による返信メールの一斉送信は認められない。
ネット販売できるのは原則、実際の店舗で週30時間以上営業する業者に限られる。ネット販売中は薬剤師の常駐が必要で、オークション形式での販売や、購入者が感想を書き込むことも禁止した。

 

この件、全面解禁にならずもめていますが、最終的にはどうなるんでしょう。

どうなんだろう。

薬ですからね。

利用する側は便利だけど、ある程度の規制はやむを得ないような気もしますが。

対面で薬剤師に売ってもらえばいいというものでもないけど、出来るだけリスクを無くすとしたらね。

最終的にどのような決定が出るのか気になりますね。

ネットでの薬品販売に興味があり、実際に通販を行う職場に勤めたいと考えている薬剤師の方は、薬剤師 求人 口コミを参考に職探ししてはいかがでしょうか。